Follow Us

ナリス式クレンジング検定 ナリス式クレンジング検定

期間限定特別価格 7月21日〜8月20日まで
日々のメイクを落とすクレンジング。毎日忙しく過ごしているせいで、だんだんおざなりになってきてはいませんか?今のあなたのクレンジング方法は本当に合っているでしょうか。改めて学び直して肌の基礎から整えていきましょう。
正解をみる閉じる

朝など汚れが少ない時の洗顔は「ゆる泡」がおすすめですが、しっかりOFFしたいクレンジングは「もっちり濃密な泡」がおすすめ。泡が細かく濃密な方が、肌のキメや毛穴にうまく入り込んで落としたい汚れをごっそり吸着してくれます。水が少なくかたすぎる泡も、肌に負担がかかるのでよくないですよ。

おすすめの製品をみる

弾力のある泡が
肌の凹凸に密着。
潤いを残した
つるつる肌へ。

レジュアーナ
Wクレンジング フォーム
(クレンジング・洗顔料)100g
5% OFF
¥4,950(税込)
¥4,702(税込)
¥4,950(税込)
ご購入はこちら ご購入はこちら

おトクな定期便はこちら

汚れをじゅわっと
浮かせて
つっぱり感もなし。

ルクエ
Wクレンジング フォーム
(クレンジング・洗顔料)100g
¥2,750(税込)

おトクな定期便はこちら

正解をみる閉じる

水は冷たいからとお湯を使っては、肌の潤いを奪ってしまいます。でも、毛穴をひきしめるために冷たい水を使っても赤ら顔の原因に。一番おすすめなのは32℃〜34℃です。少し冷たいかなと思うくらいがちょうどいい温度です。

正解をみる閉じる

すすぎ残しをなくすには洗った倍の時間をかけて額や頬、生え際など部位ごとにしっかりと確実に洗い流すことが大切です。素早く流して生え際に残ったすすぎ残しをタオルで拭ってないことにしてしまっているあなた、ニキビの原因になってしまいますよ。

潤うのに、
しっかり落として
石けんカスすら
残さない。

マジェスタ
Wクレンジング フォーム
(クレンジング・洗顔料)100g
10% OFF
¥6,600(税込)
¥5,940(税込)
¥6,600(税込)
ご購入はこちら ご購入はこちら

おトクな定期便はこちら

正解をみる閉じる

約0.02mmの角層をゴシゴシ擦ると簡単に傷がついてしまいます。だからといって、長い時間クレンジング剤を肌にのせていると乾燥してしまいます。汚れに合わせて、最適なクレンジングを選ぶことが大切です。

正解をみる閉じる

もったいないからといって、少しだけしか使っていないあなた。肌にグイグイのばしてクレンジングしていませんか?量が少ないのに精いっぱい落とそうとすると、つい力が入ってしまうもの。正しい量を使って肌への負担を減らしましょう。

するすると
肌の上でとろけて
やさしくするんと
OFF。

セルグレース
Wクレンジング クリーム
(保湿 クレンジング・洗顔料)150g
10% OFF
¥6,600(税込)
¥5,940(税込)
¥6,600(税込)
ご購入はこちら ご購入はこちら

おトクな定期便はこちら

正解をみる閉じる

クレンジング剤は汚れを取り去るために作られています。マッサージ剤ではないのでマッサージをしてしまうと、必要な潤いまで奪うことに。また、手のひらでふんわり包み込むだけだと、細かい部分は汚れが落ちきっていないこともあるので注意が必要です。

おすすめの製品をみる

くるくる、するんっと
エステタッチで
やわらか肌へ。

ルクエ
Wクレンジング クリーム
(クレンジング・洗顔料)150g
¥2,420(税込)

おトクな定期便はこちら

正解をみる閉じる

今は石けんで落とせる日やけ止めもあります。石けんで落とせるなら洗顔料で、クレンジングが必要ならクレンジング効果のある製品を使って、肌に必要な油分まで落としすぎないようにしましょう。

汚れをじゅわっと
浮かせて
つっぱり感もなし。

ルクエ
Wクレンジング フォーム
(クレンジング・洗顔料)100g
¥2,750(税込)

おトクな定期便はこちら

正解をみる閉じる

乾燥が気になるからといって、ささっと済ませて汚れが残ってしまっては意味がありません。潤い成分配合のクレンジング剤で、乾燥を防ぎながら落としましょう。シートクレンジングは汚れを擦って落とすので、摩擦を避けるためにできるだけ使わない方がベターです。

潤い美容液成分
配合で、
洗いあがり
しっとり。

マジェスタ
Wクレンジング セラム
(クレンジング・洗顔料)180mL
10% OFF
¥6,600(税込)
¥5,940(税込)
¥6,600(税込)
ご購入はこちら ご購入はこちら

おトクな定期便はこちら

正解をみる閉じる

水分はゴシゴシふいたり、撫でるようにふかなくても、押さえるだけで取ることができます。できるだけ肌に摩擦を与えないように最後まで意識して、タオルはポンポンと押さえるように使いましょう。